<dd id="e9rvn"></dd>
<button id="e9rvn"><object id="e9rvn"></object></button>
  • <th id="e9rvn"><track id="e9rvn"></track></th>

    <th id="e9rvn"><track id="e9rvn"></track></th>
  • <button id="e9rvn"></button>
    <dd id="e9rvn"></dd>
    <rp id="e9rvn"></rp>
    インドTECが10月に発布した新しい規格
    2022-11-09
    インド電気通信エンジニアリングセンター(TEC)は、2022年10月に次の新しい規格を発布しました:
    1. 量子鍵配布システム(GR)
    これは通用要求(GR)です。この規格は、ITU-T Y.3801-3804に従って、インド電気通信ネットワークでの量子鍵配布(QKD)システムの使用規範を制定しました。
    2. マルチ業務応用アクセス機器(GR)
    これは通用要求(GR)です。この規格は「アクセスプラットフォームのマルチ業務応用機器に基づくネットワークアーキテクチャ」の規範要求です。IEEE/ ITU- T規格に従って、PON、Layer-2/Layer-3イーサネット、xDSL、アクセス送信DWDMなどは、インド電気通信ネットワークのサービスに使用されます。
    3. FSS/BSS通信とブロードキャストネットワークインターフェース要求規格(IR)
    これはインターフェース要求(IR)です。この規格は、衛星固定業務(FSS)/ブロードキャスト衛星業務(BSS)の通信およびブロードキャストネットワークの規範です。衛星ベースのすべてのネットワークサービス(FSS、BSS)のそれぞれの周波數帯域での強制的技術要件が含まれています。
    ご注意ください:通用要求(GR)とインターフェース要求(IR)は、TECの任意認証であり、異なる認証計畫に対応してます:型式認証計畫(Type Approval)は通用要求(GR)に対応し、インターフェース認証計畫(Interface Approval)はインターフェース要求(IR)に対応します。
    ご不明な點がございましたら、お気軽にお問い合わせください:
    メール:service@mrt-cert.com

    三级黄色特色电影